【SSDとThunderbolt 3が】Apple13インチ新型MacBookProを発売【倍盛り】

※Image by Apple

あれ? 予想より早いんじゃない。

という声も多く上がりそうなMacBookPro13インチ(2020)モデルの新型発表。

すでにオンラインのApple Storeでは予約購入可能になっています。

マイナーに属するアップデートですが、キーボードをはじめとしたウイークポイントの解消を中心とした好ましい改良が行われています。

Apple、13インチMacBook Proをアップデートして Magic Keyboardと2倍のストレージを搭載
Appleは本日、13インチMacBook Proをアップデートし、Magic Keyboardの新搭載によりタイピング体験を向上させ、ストレージを2倍に増量しました。

トピックはSSDストレージとThunderbolt 3の倍盛り

MacBookProの13インチモデル(2020)は、よくいえばバリュエーション豊富、悪くいえば相変わらず中途半端という商品構成になっています。

MacBook Airでもそうでしたが、旧モデルを併売する方策は一定の成果を得ているのでしょう。

一方でまた、購入するユーザにも一定の混乱を与えるように感じます。

下記13インチタイプのMacBookモデルの比較をしてみれば分かるのですが、Thunderbolt 3ポートが2つのモデルと4つのモデルが併売されています。

いつものとは言わないけど、よく見ないとThunderbolt 3ポートが足りないと感じて購入を考えたユーザがアレ?と思わないことも、ないんじゃないでしょうか。

だけどまあ、そう考えた人が買い直す契機になるはずなので、Apple的には間違いがないんでしょうね。

私もそうですが、買い替えを検討する人はストレージやメモリといった基本性能の向上を見るはずですので、今回のアップデートはナイスなものと考えます。

13インチMacBook Proを購入
13インチMacBook Proは、M2チップの驚異的なパワーを内蔵したノートブックです。一日中使えるバッテリーと、美しいRetinaディスプレイを搭載。今すぐ購入できます。

Magic Keyboard=シザー構造キーボードの採用も、いいですね。

主なアップデート内容をまとめると下記のようになります。

◇ベーシックモデルのストレージが128GB→256GBに

◇最大ストレージが2TBから4TBまで選択可能

◇メモリが最大16GBから32GBも選択可能

Thunderbolt3ポートが2から最大4に増設

◇シザー式キーボード=Magic Keyboardを採用

予約購入はすでに受け付けており、現時点では15日から19日は発送される予定になっています。

Mac - モデルを比較する
Macのノートブックとデスクトップ、それぞれの違いをご覧ください。あなたの毎日に、仕事に、予算にぴったりの一台を見つけましょう。

Thuderbolt 3ポートの増設でようやくProらしく

加えて細かいところでは逆T字型のアローキーの採用や、オプションが最大で2TBまでストレージを拡張できるようになったこと。

メモリもMacBook Proのように64GBまで拡張できればよかったんでしょうが、ここは13インチモデル同様に16GBまでの拡張に収まっています。

まあ、ProをAirが上回るわけにもいかないのは、当然といえば当然ですが・・。

MacBook Airの新型が出たときにトピックで書いたのですが、正直なところMacBookPro13インチの位置づけはよく分からないところが過去にもちょくちょくありました。

考え方次第ですが、ユーザの奪い合いになりかねないかも、とも思っていました。

Appleが15,000円値下げ&性能をアップデートした新型MacBook Airを発売
※Image by Apple 来ましたMacBook Airの新モデル。 10%以上の値下げに加えてベーシックモデルのストレージが256GBになったりして、かなりお値打ち感が強い構成になっています。 すでに購入可能な状態...

だけどまあ、今回のアップデートでMacBook Airと競合するようなこともなくなるのでしょうか。

今回もそうですが、そもそも私自身が13インチMacBookProを一度も欲しいと思ったことがないので、実感があまりないというのは正直なところです。

だけど、Thunderbolt 3ポートの増設で、ようやくProを冠してもおかしくないマシンになったと言えます。

電源を兼ねているのは確かに格好いいけれど、USB-Cに限らず拡張ポートってもっと欲しいシーンは結構ありますよね。

外部ストレージにはじまってディスプレイの拡張、USB2.0以前の変換含めたハブほか機器類接続、ちょっと変わってますが有線LAN接続アダプタ等など、程度問題ですがUSBポートは多いに越したことはありません。

こういった拡張の余地があるところもProを冠するノート型には、備わって然るべきポイントとも考えるのであります。

MacBookProは一台ですべてこなしたい人のためのノートなのかも

自分を起点にしての考察なんですが、Mac歴も長くて(旧モデル多いですが・・)複数台保有して、ちょくちょく新品も購入してきているわりには、MacBookProの13インチだけは購入したこともそれを考えたこともありません。

なんでだろなーと理由を考えてみたところ、自分が複数台所有しているからなのではないかと思い至りました。

メイン作業のデスクトップがiMacという時期が長らく続き、MacBookProもMacBook Airも所有していますが、役目としては旅行・外出や打ち合わせに際しての携帯用という位置づけが、自分の中にあるからなのでしょうと。

MacBook Airなんかは幾つかの機能をスポイルしつつも、ノート型の根幹機能は有していて最小限とは言わないまでも一定の機能を守っているので、状況に応じて棲み分けができているわけです。

そこでMacBookProの13インチは必要なのか? という自問自答をすると、MacBook Airで十分じゃないかという結論に達していたのでした。

でまあ、購入価格はお高くなりますがすべてを一台でこなしたいという人はMacBookProの16インチモデルを購入すればいいですし、ライトな使い方で十分ならば13インチモデルにすればいいわけですね。

https://www.apple.com/jp/mac/compare/?modelList=MacBook-Air-Retina,MacBookPro-13_1,MacBookPro-13_2
※MacBook AirとMacBookPro13インチ2バージョンの機能比較リンクです

ただ、今までだとThunderboltのポート数をはじめ実質的な機能面でどうかなと思わされることが、少なくなかったけれど解消はされたということです。

Touch BarをつけておけばProモデルだよなんてことはなく、この13インチモデルならば一台でもやりくりできて、やることも多くなるのではないでしょうか。

 

と、今回はMacBookPro13インチ(2020)の発売に際しての感想記事でした。

(了)

タイトルとURLをコピーしました